カスタム検索

【★スカルプD 薬用スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用] ANGFA エイジングケア ノンシリコンシャンプーはコチラ!

◇大人気!宮迫絶賛!薬用スカルプDシャンプー◇

★パワーアップして新登場!★

★ヘアメディカル 薬用スカルプDは東急ハンズで大人気★
◆ヘアメディカルシリーズは「毛髪医学」から誕生した薬用頭皮ケア!    
◆頭皮を改善することが、健康な頭皮を育てる!


--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月28日

●血行不良と髪の関係

身体全体の細胞は、毛細血管中のアミノ酸を取り入れ、そのアミノ酸結合によってタンパク質を生成します。

また、新しい細胞が生じる際には、血液中から酸素が消費されます。

毛髪も同様に、毛細血管から栄養分を取り入れて作られています。
血液の巡りが悪くなると、細胞に栄養や酸素が行き渡らないばかりでなく、
・新陳代謝が鈍化 ・頭皮温度低下 ・細胞活動の弱まり、
・頭皮硬化 をももたらします。

こうした状態が続くと、髪は細く弱々しくなります。
また、通常一つの毛穴から2~3本生えるはずの毛髪が、2本になり、1本になり、やがて生えにくくなってしまうのです。

普段から軽い運動を心掛ける、身体を冷やさないようにするなど、身体全体の血行を良くすることが大切です。

≫≫続きを読む

スポンサーサイト
2009年02月24日

●ヘアサイクルと抜け毛の関係とは?

髪にはヘアサイクルがあり一定の期間が経つと抜け落ちます。
その周期は、↓のように3つの段階に分けられます。


・成長期→新しい髪が成長する期間(約2~6年)

・退行期→髪の成長がストップする期間

・休止期→退行期を経て、髪が抜け落ちる時期


一般的に言われる男性型脱毛の原因のひとつに、≪成長期の期間が短い≫というものがあります。

通常4~6年の成長期が、数ヶ月~1年と短くなってしまうと髪が十分に成長できず、細くて短い状態のまま抜け落ちてしまうのです。

これには男性ホルモンが関係していると考えられていますが、女性もご用心!

男性型脱毛は女性にも起きるので、要注意ですよ。

≫≫続きを読む

2009年02月23日

●ヘアサイクルと効果的な育毛

ご存知のように、髪の1本1本には寿命があります。

誕生⇒成長⇒休止⇒脱毛

このサイクルを男性では2~5年、女性では3~7年で繰り返します。

これを【ヘアサイクル(毛周期)】といいます。

---------------------------

ヘアサイクルを詳しくみると、

○毛母細胞の分裂が活発で髪が伸びる時期【成長期】(約2~6年)

○毛母細胞の活動が衰え、ほとんど成長しなくなる【退行期】
(約2~3週間)
○成長が完全に止まる【休止期】(約3ヶ月)

○髪が抜ける

---------------------------

髪の成長が止まり、抜け落ちるまで(休止期)がおよそ3ヶ月と言われています。

つまり、今抜けおちた髪は3ヶ月前に抜けることが決定していた髪ということが言えます。

育毛剤等の効果も、すぐに現れるのではなく、上記の周期から考えると3~4ヵ月後にその効果が現れてくると言えます。

「3ヶ月は継続して使用した方が良い」と言われる所以は、そこにあります。

≫≫続きを読む

2009年02月23日

●効果的な育毛をるために

育毛というと、すぐに「育毛剤の塗布」と連想しがちですが、育毛剤は毛根の奥に浸透してこそ、初めて本来の効果が発揮されます。

毛穴に皮脂が詰まっていれば、当然育毛剤は浸透しにくくなりますし、頭皮に炎症・かゆみ等の異常があるなら、それを改善しなければ、発毛・育毛効果は期待できません。

健康な髪を生み出すには、まず頭皮が健康であること。
育毛の効果を引き出すためには、絶対に必要な条件です。

これから育毛を始めようと思っている方や既に育毛剤を使っている方もより効果的な育毛を行うために、【頭皮のケア】から始めましょう。
≫≫続きを読む

2009年02月23日

●ハゲ解決にキタ~!? 夢の人工頭皮に熱視線

 神戸大と大阪工業大、国立循環器病センターの共同グループが再生医療技術を使い、ハゲた部分に移植するだけで自然に毛が生えてくるという夢の人工頭皮の開発を、2月から始めた。成人男性の約3分の1が悩んでいると言われ、最近は業者の育毛サービスをめぐる損害賠償が話題になるなど、当事者には切実な問題だけに、実用化に熱い視線が注がれている。

 開発に乗り出したのは、神戸大学医学部形成外科の寺師浩人准教授と大工大工学部生体医工学科の藤里俊哉教授、循環器病センター研究所先進医工学センターの山岡哲司部長のグループ。

 薄毛や抜け毛は、頭皮が正常時より薄くなったり、毛穴が小さくなったりと劣化することが原因とされる。

 研究では、手術などで余った他人の頭皮をもとに、正常な毛穴を有する「無細胞真皮」と呼ばれる皮膚を作製。本人の頭の毛のない部分に移植したうえで、本人の毛髪から採取した「毛包」「毛乳頭」という毛のもとになる細胞を培養して植え付ければ、自分の毛髪が自然に生えてくる-という仕組みだ。

 これまでにも「毛乳頭」を毛穴に移植する研究は行われてきたが、頭皮の劣化などが再生を困難にしていた。

 研究では他人の皮膚を使うため、拒絶反応を起こさないよう細胞を取り除き、毛穴を形作るコラーゲンだけを残す「無細胞真皮」が不可欠。その作製には石鹸に浸して細胞を殺す方法が確立されており、今回は循環器病センターが開発した超高静水圧脱細胞処理法(高水圧をかけて、細胞を除去する)も使う。


≫≫続きを読む

2009年02月21日

●薄毛、ハゲの原因と脱毛症の種類

[なぜ薄毛、ハゲになってしまったのか・・・]
まずは、薄毛、ハゲの原因をさぐってみましょう。
私たちの髪の毛の本数は約10万本と言われています。その髪の毛の総数のうち、一日50本~100本は抜けて新しい髪の毛が生えてくるというヘアーサイクルが成り立っています。
しかし、頭皮への血液の流れが悪くなったり、ストレスやホルモンなど様々な原因によりこのヘアーサイクルが乱れて髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまったり、髪の毛が次第に細くなり、産毛のような状態になってしまうと、薄毛やハゲになってしまうのです。


[薄毛、ハゲの主な原因]
では次に薄毛、ハゲの具体的な原因をあげてみましょう。

◆男性ホルモンのバランスの乱れ
男性ホルモンであるテストステロンの代謝によってジハイドロテストステロン(DHT)というものが産出されますが、これが毛乳頭で過度に蓄積さるとヘアーサイクルが短縮され、薄毛、ハゲへと移行していきます。

◆栄養不足
髪の毛の成分はケラチンというタンパク質でできています。そのため、良質のタンパク質が不足すると髪の毛は十分に育ちません。また、タンパク質ばかりでなく、その代謝機能を活発にするビタミンやミネラルが不足すると薄毛やハゲの原因になってしまいます。

◆ストレス
髪の毛の基盤となる頭皮には毛細血管がはりめぐらされていますが、過剰なストレスにより、毛細血管が収縮してしまうと、髪の毛にも十分な栄養が行き渡らなくなるので、薄毛、ハゲになりやすくなります。

◆喫煙
タバコに含まれるニコチンは毛細血管を収縮してしまうので、血行不良をおこしてしまい、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。

◆睡眠不足
髪の毛は睡眠中に成長しますので、睡眠不足により十分に成長できなくなり、薄毛、ハゲの原因になります。

◆遺伝
体質やホルモンなど遺伝する事はありますが、親がハゲだから、子もハゲるという確かな根拠はありません。むしろ、親と同じような生活習慣や食生活が原因と考えられています。

◆髪の毛へのダメージ
パーマやカラーリング、刺激の強いシャンプーやトリートメントなどは髪の毛を傷め、薄毛の原因になります。また、ドライヤーの使用も髪の毛にダメージを与えます。


[脱毛症の種類]
ハゲ(脱毛症)には次のような種類があります。
あなたの髪の状態がどれにあたるか、または何が原因かを特定する場合の参考にしてください。

◆AGA(男性型脱毛症)
男性特有の脱毛症で主に男性ホルモンや遺伝が原因の脱毛症です。
◆脂漏性脱毛症
頭皮の皮脂が大量に分泌されると、毛穴が詰まり酸素や栄養が供給されなくなりますが、それが原因による脱毛症を指します。
◆円形脱毛症
頭頂部の髪が円形、または楕円形にハゲてくる脱毛症です。原因としては自己免疫説が有力ですが、他にも自律神経障害説、内分泌障害説、毛周期障害説など諸説あります。また過度のストレスも原因のひとつとして指摘されています。
◆粃糠性(ひこうせい)脱毛症
大量に発生したフケが原因で頭皮の毛穴がつまり、酸素や栄養が行き渡らなくなり、脱毛症となります。
◆びまん性脱毛症
女性特有の脱毛症でストレスや生活習慣の乱れが原因と考えられています。


≫≫続きを読む

2009年02月19日

●抜け毛と睡眠の関係

快眠は育毛にも不可欠です。

睡眠時間が短くなればなるほど、精神的なストレスや疲労の解消が困難になります。

また、深夜起きていることは、自律神経の異常(交換神経の異常緊張)につながります。

自律神経とは、体の活動をつかさどる神経で、昼は交換神経が、夜は副交感神経が働きます。


交感神経は、いわば興奮状態、身体を活動させるために、血液は内臓と大きな筋肉に多く集まり、皮膚表面や毛乳頭には少しの血液しかなく、新陳代謝は鈍った状態になっています。


反対に、副交感神経が働く夜(睡眠時)には、体はリラックスして血液は末梢血管に多く流れ、表皮細胞や毛母細胞が多くの栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返す事によって、各細胞を新しく作り出すのです。

時間帯でいうと22時~夜中2時頃です。

ちょうどこの時に夜更かしをしたりすると、それだけで髪の成長する時間がなくなり、抜け毛等のトラブルが発生しやすくなり、育毛力はどんどん退化してしまいます。


毎日22時に寝るというのは難しいと思いますが、できるだけ24時までに寝るようにすることが髪にとって大切です。

≫≫続きを読む

2009年02月17日

●薬用スカルプD スカルプ シャンプー オイリー [脂性肌用]

髪がベタつく脂性のあなたにはピッタリのスカルプDシャンプー[脂性肌用]。

脂性だと、髪のベタつきや臭い、コシのないへたった感じが気になります。そんなあなたにこのシャンプーはオススメです!

薄毛・抜け毛が気になる方は、発毛の為にもヘアメディカルのスカルプシャンプー(育毛シャンプー)でヘアケアを是非どうぞ。





薬用スカルプD スカルプ シャンプー オイリー [脂性肌用]

≫≫続きを読む

2009年02月17日

●ワッキーのスカルプD体験レポート

K-BO-BO-プロジェクトのメンバーとして、 これから1年間本気の育毛にチャレンジするのが、ペナルティーのワッキーさん。
メンバーの中では、それほど薄毛でいじられることも無く、 今回も本人が前髪の後退を気にしていることから自主参加です。
実際、それほど薄毛という感じではない
ワッキーさんです。ところが…。


詳しくはこちら↓
宮迫・岩尾の髪に驚愕の変化が?!噂のシャンプーで【K-BO-BO-!】


≫≫続きを読む

2009年02月13日

●脱毛症における男性ホルモンとは?

男性ホルモンと男性ホルモン受容体が結合して毛の成長を阻害します。男性ホルモンの中でおもなものはテストステロンです。これは、ほとんどが睾丸でつくられ、血液で毛包の細胞質まで送られます。そして、毛包の細胞質にある5α-リダクターゼという酵素により、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンよりもホルモン活性が10~30倍も強い男性ホルモンで、毛の成長を阻害する働きをします。毛の細胞分裂を抑制したり、脂腺を刺激して肥大化させ、過剰な脂の分泌を促し、毛の発育を抑制します。
しかし、ジヒドロテストステロンがあるからといって、必ず毛の成長が抑制されるわけではありません。ジヒドロテストステロンは、それを取り込む入口である男性ホルモン受容体と結合することにより、毛の成長を阻害します。

≫≫続きを読む





▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
育毛、育毛剤、発毛、ハゲ、薄毛、抜け毛、はげ、
シャンプー、ロゲイン、髪、育毛シャンプー、
プロペシア、漢方育毛、頭皮、カツラ、抜毛、
リアップ、ヘアケア、発毛剤、比較、サプリメント、
女性、ランキング

上記のワード気になりますか!?
そんな方は、是非コチラ!!↓↓

【必見】最強!育毛情報


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。